Adler Mannheim

Adler Mannheim アイスホッケー

アドラ・マンハイムは、DEL(ドイツアイスホッケートップリーグ)で常に上位をキープし続ける、ドイツでも最も成功を収めてきたアイスホッケーチームの一つです。最近では2019年度に、なんと8度目のドイツカップ優勝を果たしました。2003年と2007年にはドイツ選手権でも優勝したという実績を持っています。2010年よりowayoのウェアでプレーしているアドラー・マンハイムは、そ成功を支えるファンも大切にするチームです。チームの地元マンハイムではアイスホッケーは人気スポーツの一つとして愛されており、チームの拠点のSAPアリーナで試合が始まる時に鳥肌がたつのはシーズンチケットを所有している約7,000人ものファンだけではないことでしょう。そんなアドラーのキャプテン(インタビュー当時)、クリストフ・ウルマンにインタービューをしました。

プロフィール

プロフィール

設立
1938年(Mannheimer ERCとして)
1994年よりアドラー・マンハイム

所属リーグ
DEL(Deutsche Eishockey Liga、ドイツ・アイスホッケーリーガ)

成績

成績
ドイツリーグ優勝
1980年、1997年、1998年、1999年、2001年、2007年、2015年、2019年

ドイツ選手権優勝
2003年、2007年

どれくらいの頻度で、またどんな内容のトレーニングをしてる?

休みは月曜だけ、あとは毎日トレーニングしてるよ。チームがロッカールームに揃うのは毎朝9時、午前中は重量トレーニングと持久力のトレーニング。昼頃になったら60~75分間ほどアイスリンクへ。その後ストレッチなどでクールダウンしたり、サウナに入ったりチームの理学療法士のマッサージを受けることもある。もちろん試合前にはその時の対戦相手とのゲームに備えるため、プレーの戦略について話し合いをしたりもするよ。

チーム内での特別な習慣はある?

チーム全体としてではないね。でも、なかにはそれぞれの特別な習慣を持つ選手もいるよ。例えば、スケート靴は常に左から履く、とかね。多くの選手は試合前にはイヤホンで音楽を聴いてるよ。それも一つの習慣といえるかもね。

試合の前にはどうやってモチベーションを高めてる?

試合前にはいつも相手チームについての細かな分析を行っているよ。この戦略的な部分での準備は、僕らにとって非常に大切なプロセスなんだ。それから試合直前にはコーチがチームのモチベーションを上げるために選手を鼓舞するよ。あとはチーム全員を前に選手一人ひとりが一言ずつ話すことも多いかな。

勝利の後はどんな風に祝う?

勝利の後はみんなで喜びをかみしめるよ。でもだいたいいつも次の試合が迫っていることが多くて、コンディションを崩しちゃいけないから、あんまり大げさに祝う事はないかな。「試合後は試合前」がモットーになってるよ。

チームにとってowayoはどんな存在?

owayoのユニフォームは言ってみれば、僕たちのロッカーの中でも一番美しいウェアだよ。いつも着て戦っているものだから、”鎧”みたいな存在。試合前にロッカールームに入る時にチームのユニフォームが並べてかけられているのを見ると、いつも鳥肌が立つよ。

ユニフォームの気に入っているところはある?

今僕たちが着ているユニフォームは、owayoがサプライヤーになる前に着ていたものとは比べ物にならないほど質が高くて、すべて完璧で文句のつけようがないよ。完璧な装備で試合ができるんだ。デザインも毎年クラシックで美しい。僕らのチームのユニフォームがファンからの人気が高いことからも、その美しさが評価されてるのが分かるね。